私達は子供から高齢者まで、健康作りを目的としたスポーツの振興と、地域活動の活性化を目指しています。神戸での卓球教室、習い事教室、スポーツとしてのレッスン教室は神戸スポーツ振興会へ。

2015.12.18 : 名嘉山

強くなるということ2

CATEGORY :
スタッフブログ ,卓球

こんにちは!

神戸卓球クラブの上野です!

 

今回は前回の続きを書くことにします!

強くなるには、試合を楽しみにできるのが近道ということですが、

もうひとつ、大事なことがあります。

それは、「たまたまでもなんでも強い選手に勝つ」ということです。

練習が上手でも試合でパフォーマンスを発揮出来ない人は多くいますが、

そういう選手は、自信がない人が多い傾向にあると思っています。

そこで、一回でも、たまたまでも自分より強い選手に勝つと、

自信がついて一気に試合でパフォーマンスが発揮できるようになります。

卓球は精神面が大きく響くので、自信がつくと精神面はクリアできます。

「楽しい」と「自信」は、試合でパフォーマンスを発揮できるかどうかの

大きな要素となってきますので、私としては、試合を楽しみにしてほしいし、

どんなに強い選手でも諦めず立ち向かってほしいですね!

もし勝てれば、大きく成長できるわけですから(^-^)

と、いうわけで一旦話は終わろうかなと思います。

 

今年も残り少ないですが、まだ試合がある人は強い人に勝てるように

頑張って下さい!

誕生日だったので誕生日ケーキ載せておきます笑

ではまた!

image

2015.12.07 : 名嘉山

強くなるということ

CATEGORY :
スタッフブログ ,卓球

こんにちは!

神戸卓球クラブの上野です!

 

題名がためになりそうな感じですが、何か勝手にぼやいてるなあという気持ちで見て下さい  笑

 

最近、日本男子は大島祐哉選手が強いですね!

世界のオープン戦で、世界のトップ選手に連戦連勝しているような活躍をしています!

しかし、もともとめちゃくちゃ強かったわけではなかったそうです。

まあその強くなかったといわれる時期に試合したことありますが、

強かったです 笑

 

そう、今大島選手に波がきています。

この「」が、キーポイントだと思います。

練習して、ずーっと同じペースで強くなるということは途中からなくなります。

成長は、波があるんです。

その波をどうやって掴むか。それが強くなるための一つの大きなポイントです。

 

そこで試合が大事になってきます。

試合は勝たなければならないのですが、自分が成長するチャンスの場でもあります。

いつもと違う人と卓球して、自分の良かったところ、悪かったところを反省出来て、

こんなに刺激的なことはありません。

ここで、強くなる人はどんなに相手が強くても弱くても、勝つ気でやる人、何かを掴もうと

必死にやる人が多く、高学年になるにつれ、現れ出してきているのではないかなーと感じるように

なってきました。

長いのでまた続きは来週書きますが、試合を大事に、もしくは楽しみにできる人は

もしかしたら伸びるのが早いのかもしれませんね。

ではまた!

image

1 / 11