兵庫、神戸での卓球教室、習い事教室、親子レッスン、シニアレッスンなど。コーチの採用就職、新卒、第二新卒の入社就職採用を行っています。介護、有料自立型老人ホームなどへの出張サービスも承ります。

ラージボール卓球を実施する高齢者は健康と体力の水準が高い


筑波大学 平成28年9月29日 茨城県卓球連盟発表ラージボール卓球報道関係者HP通知を引用しています。

  1. ラージボール卓球を実施している75歳以上の後期高齢者の健康と、65歳以上の高齢者でとりわけ女性の体力が、一般国民と比べて高い水準にある事が明らかになりました。
  2. ラージボール卓球を実施している65歳以上高齢者の体力について、 筋力、バランス能力、体幹筋力が、一般国民より優れていることが明らかになりました。

調査の背景

運動・スポーツ活動は、余暇として自分のレクリエーションとして中高年者の体力、活動能力、生活の質を高め、健康の保持増進に有効とされています。

運動・スポーツの習慣化・継続化の上で、クラブやサークルなどで仲間と一緒に実施することが効果的と考えられますが、特定のクラブやサークルに所属してスポーツを実施する中高年者の健康や体力がどのような水準にあるのかについて、これまで十分な実証検討がなされていませんでした。

そこで本研究では、県卓球連盟ラージボール部に所属して活動している中高齢者の健康および体力について、健康寿命の算出に用いられる「日常生活の制限」及び新体力テストに含まれる「日常生活活動テスト」によって、一般国民の水準と比較検討しました。

調査の結果

2015年9月~10月7県卓球連盟ラージボール部に登録している825名を対象に実施しました。

質問紙の回収は792名でした内、厚生労働省認定の45歳以上の中高齢者721名を調査しました。

健康については、厚生労働省の「国民生活基礎調査」中の「日常生活の制限」によって評価しました。

体力については、文部科学省の「体力・運動能力調査」中の65歳から79歳を対象とする「日常生活活動テスト」によって評価しました。

45歳以上(中高齢者)の健康について「平成25年国民生活基礎調査」の結果と、また、65歳以上の高齢者体力について「平成25年年度体力・運動能力調査」の結果とそれぞれ比較分析しました、高齢者になるにつれ 体力水準が高いとの結果が得られさらに女性では、多くの項目ですべての項目で高い健康指針が示される結果になりました。

今後について

ラージボール卓球の実施と健康や体力との因果関係についてはさらに 他地域も含めた横断調査による検証が必要です。

しかしラージボール卓球を楽しんでいる高齢者、とりわけ後期高齢者の健康水準や女性の体力水準が国民一般より高いことが示されたことから、長寿健康寿命を目指す地域の取り組みの一環として、高齢者や女性層へのラージボール卓球の普及発展に向けたプログラム開発や環境整備が有効である可能性が今後考えられます。

有料老人ホーム出張指導サービス お問い合わせフォーム

有料老人ホーム出張指導サービスのお問い合わせは以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
エントリーに対するご連絡を当クラブよりメールで後日させて頂きます。

会社・事業所(必須)
担当者(必須)
住所(必須)
連絡先TEL(必須)
メールアドレス(必須)
確認のためもう一度、同じメールアドレスを入力してください。
ご要望について(必須)